ろじっくぱらだいす(Logic Paradise)

 

2017.02.20

 「我々人類はここに居るのに、なぜ他の宇宙人と出会わないのか」

 というパラドックスについて、さまざまな説が提言されております。

 私ワタナベ、ふと、それに対する一つの仮説を思いつきました。それは、

 

 「技術の発展によって、おセックスの快楽よりも、セルバの快楽が上回った時点から、その種族は衰退の一途をたどる(だから全宇宙に広がる前に絶滅する)」

 

 です。この、言わばおセックスのシンギュラリティを迎えた文明は絶滅するのではないかと!そしてこの地球にいる人類は、そのシンギュラリティを迎えつつあるのではないかと!

 それを迎える前に、おセックスへの強烈なインセンティブを与え、もしくは半強制的におセックスをさせるような社会機構の確立に成功した文明だけが、この全宇宙を手にする可能性を得られるのではないでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 そんなことを、事後の下半身裸で思う週末の夜。これがホントの賢者タイムよね……(ポッ

 

 

 

 

 

 


PR


更新履歴